トップページ > 普通肌の方はこちら > シミ対策でビーグレンが人気の理由

シミ対策でビーグレンが人気の理由

世界特許の浸透テクノロジーで肌の奥まで浸透

シミを消す成分として最も効果的と言われているのはハイドロキノンです。ハイドロキノンは皮膚科などでも処方されています。その効果は肌の漂白剤といわれるほど。しかし、ハイドロキノンは水溶性なので、肌に浸透しにくい性質があります。

出来たばかりのメラニンは肌の表面近くにあるので、肌に浸透しなくてもそれほど問題ないでしょう。しかし、出来てからしばらくたったメラニンは肌の奥まで到達し濃いシミとなっています。この状態では、肌に浸透しないハイドロキノンでは意味がありません。

ビーグレンは、世界特許になっている浸透テクノロジー(QuSome)でハイドロキノンを肌の奥まで浸透させ、肌の奥にあるシミに直接働きかけることができるのです。そのため、ハイドロキノンの濃度も適度におさえることができ、刺激も少なくなっているので肌の弱い方にも安心です。

また、シミの予防に良いと言われるシムホワイトや活性酸素を減らすビタミンCも配合。ビタミンCもハイドロキノンと同様に肌に浸透しにくい成分です。一般的な化粧品では、ビタミンC誘導体として配合することで肌に浸透させます。しかし、ビタミンC誘導体は、元のピュアなビタミンCよりも効果が少ないのです。ビーグレンは浸透テクノロジーにより、ピュアなビタミンCを浸透させることができます。そのため、シミの解消だけでなく予防にもおすすめです。
まずは、トライアルセットで自分の肌に合うか確かめましょう。

美白化粧品を使い始めてからよくある失敗

よくある失敗はトライアルセットを短期間使っただけで、美白を感じないと判断し、使用をやめてしまうことです。美白は時間がかかります。トライアルセットを数日使っただけでは、その実力を完全に知ることはできません。トライアルセットは、自分の肌に合うかの判断に使います。肌に合うと感じたら、数ヶ月は使い続けるのが美白成功のコツです。
ちなみに、ビーグレンのトライアルを使ってみると、浸透力の違いがすぐにわかると思います。